ホーム韓国生活韓国生活ノウハウ韓国料理・食べ物韓国旅行韓国語韓国エンタメ韓国資料・データ韓国関連サイト情報用語集サイトマップ

目次

  1. 【日本の郵便番号】「日本の郵便番号検索」と「日本の地名ハングル表記」
  2. 【日本地名の各種表記】郵便番号から日本の地名の「漢字/仮名/ハングル/ローマ字」表記を検索する
  3. 【韓国の郵便番号検索】「韓国の郵便番号検索」と「漢字/仮名/ハングル/ローマ字一覧」
  4. 【郵便の種類】郵便の種類、輸送手段、オプションサービスの種類(日本から海外へ)
  5. 【輸送手段】国際郵便の輸送手段(航空便 / SAL便 / 船便)
  6. 【休日の配達】郵便物は休日も配達される?休日も配達される郵便物の種類
  7. 【現金を送る】国際郵便で海外に現金を送る方法
  8. 【手紙/書類/写真】国際郵便で手紙を送る方法と留意点
  9. 【はがき】世界どこでも均一料金のはがき(国際郵便)
  10. 【グリーティングカード】海外にグリーティングカードを送る方法(国際郵便)
  11. 【航空書簡】世界均一料金90円の折り畳み式の手紙「航空書簡」とは?(国際郵便)
  12. 【小形包装物/国際eパケット 他】海外に2kg以下の小物を安く送る方法
  13. 【小形包装物/国際eパケット 他】料金を比較してみよう
  14. 【EMS】手紙から荷物まで最速で配達するならEMS(国際スピード郵便)!追跡可能に損害補償付きで安心!
  15. 【EMS取扱国と料金一覧】EMSが送れる国は?料金はいくら?
  16. 【国際小包】海外へEMSより安く荷物を送るなら国際小包で!しかも、追跡可能で損害補償付き!
  17. 【配達日数】「国際小包(船便)」を韓国に送ると何日かかる?
  18. 【特殊取扱】国際郵便の有料オプション特殊取扱「書留/保険付/受取通知」について
  19. 【配達状況の確認方法】追跡サービスとは?追跡番号のしくみと追跡方法について
  20. 【国際交換局】EMSや国際小包、国際書留の追跡履歴に表示される「国際交換局」とは?
  21. 【船便】国際郵便の船便がすごく遅い理由
  22. 国際郵便の分かりにくい用語
  23. 【EMSラベルの記入方法】宛て名や内容物の書き方は?税関告知書とは?
  24. 【あて名書き(配置)】差出人欄と受取人欄の位置が逆?海外宛ての手紙やはがきのあて名書きルールを知る
    1. 「差出人欄」と「受取人欄」の位置は逆
    2. 現地の言語で記入したい
      1. 日本から韓国へ送る場合
        1. 住所の言語
        2. 受取人の氏名の言語
        3. 郵便番号
  25. 【あて名書き(英語)】韓国の住所を英語で書く方法は?韓国の住所のしくみを知ると分かりやすい!
  26. 【あて名書き(ローマ字)】日本の住所・氏名をローマ字で表記する方法は?国際郵便のあて名書き
[日韓交流] 韓国人と交流しませんか?

【あて名書き(配置)】差出人欄と受取人欄の位置が逆?海外宛ての手紙やはがきのあて名書きルールを知る

掲載 : 2019.5.4
普段、国際郵便を出し慣れていない人にとってよく分からない「あて名書き」。日本国内の郵便とは「あて名面」や「住所の表記」に関するルールが大きく違います。

例えば、「送り主の住所」と「受取人の住所」を書く位置が日本国内の郵便と反対なのはご存知でしょうか?いつもの調子で住所を書くと自分宛てに出してしまうことになりかねません。

ローマ字や英語で書くときの具体例や詳細ルールは別の記事で説明しているのでそちらをご参考下さい。ここでは基本ルールを見て行きましょう。

「差出人欄」と「受取人欄」の位置は逆

次の見本をご覧下さい。「From」や「To」は記入してもしなくても構いませんが、間違いなく届くよう差出人欄には「From」を、受取人欄には「To」を記入することをおすすめします
国際郵便のあて名面の書き方
国際郵便のあて名面の書き方
「差出人の氏名・住所」はあて名面の左上部に配置します。差出人とは送り主のことです。
    ①差出人欄
  1. 氏名
  2. アパート名などの建物名と部屋番号(階数)
  3. 番地
  4. 町名
  5. 市区郡名・都道府県名
  6. 郵便番号
  7. 国名
※A~Gの順で記入します
「受取人の氏名・住所」はあて名面の右下部に配置します。
    ②受取人欄
  1. 氏名
  2. ビルやアパート名などの建物名と部屋番号(階数)
  3. 住所番号、街路名
  4. 都市名、地方名、州名
  5. 郵便番号
  6. 国名
※A~Fの順で記入します
国際郵便のあて名面の書き方
国際郵便のあて名面の書き方
    ③国名
  1. 国名は必ず大文字で書きます。
    ④郵便物の種類
  1. エアメール(AIR MAIL)
  2. 船便(SURFACE MAIL)
  3. SAL便(SAL MAIL)
  4. グリーティングカード(Greeting Card、New Year's Card、X'mas Cardなど)
  5. 小形包装物(Small packet)
※黒か青のペンで書きます

現地の言語で記入したい

英語で書くより現地の言語で書く方が簡単だという方もいるでしょう。その場合、現地の言語で表記しても構いません。では、具体例を見てみましょう。

日本から韓国へ送る場合

住所の言語

日本から韓国へ送る場合、受取人欄のみハングルで書いてもかまいません。現地韓国では韓国人が配達するからなんですね。ただし、国名は必ず英語の大文字で表記しなければなりません。ハングル表記だと日本の郵便局員がどの国に送るのか分からないからです。
受取人住所は名あて国の言語で書いてもよい
受取人住所は名あて国の言語で書いてもよい
では差出人欄の言語はどうなるのでしょうか?
差出人住所は差出国の言語で書いてもよい<br />※ただし国名は英語の大文字
差出人住所は差出国の言語で書いてもよい
※ただし国名は英語の大文字
差出人の住所は日本なので日本語で書くことができます。理由は2つ。

一つ目は、差出人住所は配達上必要ない情報だからです。しかも、受取人側では差出人の氏名さえあれば誰からの郵便物か分かりますよね。

二つ目は、万一配達先不明などで郵便物が日本に返送されたとき、配達するのは日本人の配達員だからです。よって、ハングルで書いてはいけません。

ところで、一つ注意があります。受取人が日本語に長けてない人ならローマ字で住所を書くようにしましょう。返信のあて名書きの際に日本の住所を書き写せず困るからです。

受取人の氏名の言語

受取人の氏名を現地の言語で書いてもよいかどうかは郵便物の種類や取扱い方によります。例えば、手紙やはがき、グリーティングカード、小形包装物などの場合はハングルで書いても差し支えありません。

がしかし、上記のものであっても「書留」や「保険付」扱いされた特殊取扱郵便国際小包EMSなどの場合は配達状況を管理する特別な郵便のため英語で書かなくてはなりません。両国の郵便局が問い合わせなどに対応できるように双方が理解できる言語で書く必要があります。

郵便番号

ハングルで住所を書くとき、郵便番号については誤配を防ぐためにPostalcodeと記載しておくことをおすすめします。
Postalcodeと記載
Postalcodeと記載
住所表記の末尾が数字で終わっている場合、上の例では建物番号の8-1と郵便番号が連続するとまぎらわしく、誤配が生じる可能性があるからです。
[日韓交流] 韓国人と交流しませんか?
#海外 #外国 #差出人の住所 #差出人欄 #受取人欄 #受取人の住所 #位置 #配置 #送り主 #あて名面の書き方 #あて名書き #あて名の書き方 #通常郵便 #手紙 #はがき #小形包装物 #氏名 #英語 #ローマ字

  • 【日本の郵便番号】「日本の郵便番号検索」と「日本の地名ハングル表記」
    ここには日本の住所から郵便番号が検索できるツールがありますが、地名が仮名、漢字、ローマ字、ハングルの4種類で表記されているので、表記を調べることにも利用できます。
  • 【日本地名の各種表記】郵便番号から日本の地名の「漢字/仮名/ハングル/ローマ字」表記を検索する
    日本の地名や住所の「漢字」「仮名」「ハングル」「ローマ字」表記を知りたいときに役立つツールです。日本の郵便番号を入力すると検索結果が出ます。
  • 【韓国の郵便番号検索】「韓国の郵便番号検索」と「漢字/仮名/ハングル/ローマ字一覧」
    韓国の郵便番号を検索するツールです。また、韓国の住所を「ハングル」、「漢字」、「ローマ字」、「ハングルの仮名読み」などの表記が一覧表になっています。
  • 【郵便の種類】郵便の種類、輸送手段、オプションサービスの種類(日本から海外へ)
    ここでは初めて国際郵便を出す人にも分かるように、郵便物の種類、配達方法、オプションなど基本的なことを大まかにまとめています。
  • 【輸送手段】国際郵便の輸送手段(航空便 / SAL便 / 船便)
    国際郵便にはどのような輸送手段があるのでしょうか?配達日数や料金の違いなどを見てみましょう。
  • 【休日の配達】郵便物は休日も配達される?休日も配達される郵便物の種類
    休日でも配達される国際郵便物があります。休日配達があるかないかで配達日数にも差が出てくるので知っておくと便利ですよ。
  • 【現金を送る】国際郵便で海外に現金を送る方法
    国際書留に「保険付」オプションをつけることで海外に現金を送ることができます。ただし、送り先の国によって条件があるので事前の確認が必要です。
  • 【手紙/書類/写真】国際郵便で手紙を送る方法と留意点
    海外に手紙や書類を出す方法やサービス内容、留意点についてまとめています。
  • 【はがき】世界どこでも均一料金のはがき(国際郵便)
    海外にはがきを送るにはどうすればいいのでしょうか?サービス内容や送り方、料金などが分かります。
  • 【グリーティングカード】海外にグリーティングカードを送る方法(国際郵便)
    海外にクリスマスカード、誕生日カードなどを送る方法やサービス内容、料金などが分かります。
  • 【航空書簡】世界均一料金90円の折り畳み式の手紙「航空書簡」とは?(国際郵便)
    とにかく安い料金で手紙を出したいときは郵便局で販売されている航空書簡を利用するのがおすすめです。世界均一90円で切手を貼る必要もありません。封筒の内側が便せんになっている折り畳み式の手紙です。
  • 【小形包装物/国際eパケット 他】海外に2kg以下の小物を安く送る方法
    海外に小物を送るとき、国際小包を利用するより安くお得に送れるサービス「小形包装物」があります。さらにオンラインで印刷したラベルを使用すると割引になるサービスもあります。
  • 【小形包装物/国際eパケット 他】料金を比較してみよう
    「小形包装物」「国際eパケット」「国際eパケットライト」のうち2kg以下の小形物品をもっとも安く海外に送れるサービスはどれか比べてみました。
  • 【EMS】手紙から荷物まで最速で配達するならEMS(国際スピード郵便)!追跡可能に損害補償付きで安心!
    海外へ最もスピーディーにかつ安全に手紙や荷物を送ることができる国際郵便「EMS」についてまとめています。
  • 【EMS取扱国と料金一覧】EMSが送れる国は?料金はいくら?
    EMSを取り扱っている国と地域別・重量別の料金が分かります。
  • 【国際小包】海外へEMSより安く荷物を送るなら国際小包で!しかも、追跡可能で損害補償付き!
    日本から海外に荷物を送るときに利用する追跡可能な郵便サービスで、EMS郵便より安く送ることができます。
  • 【配達日数】「国際小包(船便)」を韓国に送ると何日かかる?
    日本から韓国へ「国際小包(船便)」で荷物を送るときにかかる日数や経路についてまとめています。
  • 【特殊取扱】国際郵便の有料オプション特殊取扱「書留/保険付/受取通知」について
    国際郵便の有料オプションである国際書留、保険付、受取通知の説明です。追跡サービスや損害賠償などのサービスが受けられるようになります。
  • 【配達状況の確認方法】追跡サービスとは?追跡番号のしくみと追跡方法について
    「EMS」や「国際小包」、「国際書留」などの国際郵便物を日本や韓国の郵便サイトを利用して追跡する方法についてまとめています。
  • 【国際交換局】EMSや国際小包、国際書留の追跡履歴に表示される「国際交換局」とは?
    国際郵便で配達状況を追跡すると「国際交換局」を経由していることがわかりますが一体どんなところなのでしょうか?
  • 【船便】国際郵便の船便がすごく遅い理由
    海外に船便で郵便を出すとどうして数ヶ月もかかるのでしょうか?理由が分かれば配達遅延にイライラすることも減るかもしれません。
  • 国際郵便の分かりにくい用語
    郵便用語には「信書」「書状」「名宛国」「国際交換局」「特殊取扱郵便物」など分かりにくいものがいくつかあります。ここではそのような用語を集めて分かりやすく説明しています。
  • 【EMSラベルの記入方法】宛て名や内容物の書き方は?税関告知書とは?
    ローマ字や英語で住所を書くことや内容物の記入に慣れてない方にも分かりやすく解説しています。
  • 【あて名書き(配置)】差出人欄と受取人欄の位置が逆?海外宛ての手紙やはがきのあて名書きルールを知る
    国内郵便と違って海外へ郵便を出すとき、差出人欄と受取人欄の位置が逆なのをご存知でしょうか?自分宛てに送るミスをしないためにもあて名面の書き方のルールを知っておきましょう。
  • 【あて名書き(英語)】韓国の住所を英語で書く方法は?韓国の住所のしくみを知ると分かりやすい!
    郵便物に韓国の住所を英語で書くときの方法やその考え方を説明しています。仕組みを知れば意外と簡単に書けますよ。
  • 【あて名書き(ローマ字)】日本の住所・氏名をローマ字で表記する方法は?国際郵便のあて名書き
    急に国際郵便を出すことになってあて名書きに困ったことはありませんか?ここでは日本の住所をローマ字で書く方法をまとめています。
本サイトの情報のご利用時には自己責任の下で読んで下さい。保証、責任は一切持ちません。
All copyrights by MoreKorea.net | お問い合わせ : ykinteractive at gmail dot com