ホーム韓国生活韓国生活ノウハウ韓国料理・食べ物韓国旅行韓国語韓国エンタメ韓国資料・データ韓国関連サイト情報用語集サイトマップ
[肥満度チェック] 実は肥満じゃない?

思い出の弁当(추억의 도시락)

掲載 : 2017.11.2

弁当世代

韓国の小学校が給食制になってからずいぶん経ちますが、私(韓国人)はまだ弁当持参だった時代に学生生活を送っていました。よって、学校で給食は食べたことがありません。

調べてみると1978年から韓国でも試験的に小学校の給食制度は始まり、1981年からは栄養士を雇い始めました。それでも、私が小学校を卒業(1989年)するまでも私の近辺には給食を実施している小学校がなかったので、全国的に適用したのは1990年代になってからだと思います。

給食制は親の負担を減らし、子供に栄養バランスの取れた食事提供できるなどの利点があるのですが、弁当には弁当のよさがあります。

思い出の弁当

現在、韓国の食堂でたまに遭遇するのが「思い出の弁当(추억의 도시락/チュオゲ トシラク)」または「昔の弁当(옛날 도시락/イェンナル トシラク)」という名前のメニューです。 昔ながらの金物の弁当箱に当時の弁当の中身を再現し詰めたメニューです。 大衆的な食堂にもメニューにあることもありますが、百貨店のフードコートで見かけることが多いです。昔を懐かしむ人たちが買うのでしょうか、人気のメニューです。

思い出の弁当の特徴1

典型的な昔の弁当箱
典型的な昔の弁当箱
思い出の弁当は「ヤンウン トシラク(양은 도시락)」といって、洋白(銅と亜鉛、ニッケルから構成される合金)の弁当箱に入っています。私が小学生の頃、日本でいえば昭和50年後半~昭和60年前半でしょうか、韓国ではすでにプラスチック製の弁当箱や保温機能のある弁当箱もちらほら出てきましたが、多くは洋白の弁当箱を使っていました。

余談ですが、私の同年代の妻(日本人)は当時の日本ではプラスチック製の弁当箱が主流だったのでこのような金属製の弁当は妻の親世代が使用しているイメージがあると言っています。
インターネットで販売中の「洋白の材質の弁当箱」
インターネットで販売中の「洋白の材質の弁当箱」

思い出の弁当の特徴2

弁当箱の中身を見てみるとご飯とおかずが同じ空間にあります。これについては後で紹介します。当時は仕切りがあるのもありましたが、現在店頭販売されている思い出の弁当はすべて仕切りがありません。理由は、弁当を蓋を閉めた状態で左右に振ってご飯とおかずを混ぜるためです。そうすると見た目はイマイチですが美味しい韓国式混ぜご飯を食べることができます。
この状態で上下左右で振ると完成!
この状態で上下左右で振ると完成!

思い出の弁当はこんな姿

先日、好きなおかずをバイキング形式で選んで作れる思い出の弁当のイベントがありました。早速私もトライしてみました。この写真の弁当は「ご飯、ソーセージ、焼きキムチ、甘い黒豆、キュウリの漬物」の組み合わせです。
思い出の弁当(추억의 도시락)
上の写真には載っていませんが思い出の弁当には完熟の目玉焼きが入っていることも多いです。

思い出の弁当に欠かせないのはピンク色の安っぽいソーセージです。当時よく食べた「ソーセージを卵にまぶして焼いたもの」が弁当に入っていればもっとよかったのですが…。
思い出の弁当(추억의 도시락)
上は「추억의 도시락(思い出の弁当)」をグーグルにキーワードに入力して画像検索したものです。ピンク色のソーセージと目玉焼き、どれもある程度似ていることが分かります。写真のものは今販売されているものです。食堂で注文してすぐ食べることができる食中毒の心配が少ないのでしょう、半熟目玉焼きも多いようです。当時の弁当は完全に焼いたものでした。

こんなことも

当時すでに魔法瓶のような仕組みの保温弁当をもっている子供たちもいましたが、持ってなかった子供たちは冷たいご飯を食べるしかありませんでした。寒い冬になると子供たちは教室のストーブの上に互いの弁当を積んで温めて食べました。たまには間違えてご飯が焦げてしまう子供もいましたがそれも一つの思い出です。

今はどこで食べれるの?

メニュー名
  1. 思い出の弁当(추억의 도시락/チュオゲ トシラク)
  2. 昔の弁当(옛날 도시락/イェンナル トシラク)

サムギョプサル屋

サムギョプサルチェーン店のセマウルシクタン(새마을식당)<br />イェンナルトシラク(옛날 도시락)
サムギョプサルチェーン店のセマウルシクタン(새마을식당)
イェンナルトシラク(옛날 도시락)
サムギョプサル屋にはサイドメニューとして「思い出の弁当(추억의 도시락)」があるところがあります。値段は3,000ウォン(約300円)~5,000ウォン(約500円)程度で安くも高くもありません。弁当箱は昔ながらのものを使っているとこが多いです。その上冬になると昔の教室でやっていたようにストーブの上で温めて食べられる店もあります。

百貨店のフードコート

ロッテ百貨店<br />思い出の弁当 (毎日慶北新聞社の記事から)
ロッテ百貨店
思い出の弁当 (毎日慶北新聞社の記事から)
百貨店のフードコートでもよく見かけるので、旅行で来た場合は街中を探し回るより百貨店に行くのが一番楽に見つけられるかも知れません。ただし、百貨店によっては扱ってない所もありますし、中身が定番のものではない場合もあります。値段が高いのも短所ですね。

コンビニ

韓国のコンビニ・GS25<br />思い出の弁当
韓国のコンビニ・GS25
思い出の弁当
最近はコンビニの弁当コーナーにも登場しました。百貨店やサムギョプサル屋で食べるよりは安いですが、弁当のなかに仕切りがあるので混ぜて食べることはできません。また、定番の弁当の姿ではないのですこし残念ですが、味は大差ないと思います。
[肥満度チェック] 実は肥満じゃない?
#思い出の弁当 #昔の弁当 #韓国の弁当 #韓国生活 #韓国留学 #昔の韓国 #韓国グルメ #韓国旅行 #韓国給食
本サイトの情報のご利用時には自己責任の下で読んで下さい。保証、責任は一切持ちません。
All copyrights by MoreKorea.net | お問い合わせ : ykinteractive at gmail dot com