ホーム韓国生活韓国生活ノウハウ韓国料理・食べ物韓国旅行韓国語韓国エンタメ韓国資料・データ韓国関連サイト情報用語集サイトマップ
[日韓交流] 韓国人と交流しませんか?

韓国でクラクションを鳴らされるケースとは?

掲載 : 2017.11.3

青信号に変わったのに出発しない場合

日本でも信号待ちの車が青信号に変わったのに発車しないと「早く行って!」と言う意味で後続車にクラクションを鳴らされることがあると思いますが、韓国と日本では信号が変わってからクラクションを鳴らされるまでの時間に違いがあります。ソウルならば信号が変わって1秒、都会ならば2秒ほどでクラクションを鳴らされることが多いです。

右折車にゆずってくれない場合

直進車線が2本以上の場合、右折車のため一番右の車線は開けておくことが多い
直進車線が2本以上の場合、右折車のため一番右の車線は開けておくことが多い
日本と車線の進行方向が反対の韓国。日韓では右左折のルールも違います。韓国では、左折は信号の指示に従って行う必要がありますが、右折は横断歩道の信号や歩行者、他の方向からくる車などに注意し安全性に問題なければ信号の色にかかわらずいつでも自由にできます。つまり、目の前の信号が赤色でも安全が確認できればいつでも右折できるということです。

そのため、車線が多い道路の場合、一番右の車線はスムーズな右折を促すため右折専用車線であることも多いのですが、中には右折専用車線でなく直進と右折の両用車線である場合もあります。この場合、直進車は右折車に配慮してその車線を使用しない人が多いです。そのわけは、直進車が両用車線の先頭で信号待ちになった場合、後続の右折車はその直進車が邪魔で右折ができなくなるからです。一番右の車線で信号待ちしている直進車が後続車にクラクションを鳴らされるのは「右折したいからちょっと空けてよ!」ということなのです。

たまには「気に入らない」という理由で鳴らす人も

これは私の体験談ではないのですが、ソウルでは「前の車が遅い!」、「前に割り込んで来た!」などの理由でイライラして鳴らす人も多いようです。ソウル以外の都市ではあまり多くないと思います。

クラクションの使用が特に多いタクシー

タクシーの場合、急いで目的地に行こうとすることが多いため、他の車が譲ってくれなかったり進路妨害になったりするときには容赦なくクラクションを鳴らしてきます。その上、タクシーに道を譲ってやらないときには窓ガラスを下ろして罵ってくる運転手も存在します。

クラクションの音

日本では「ピー」とか「ピッピ―」などと表現するクラクションの音。韓国では「パン(빵)」と表現します。
[日韓交流] 韓国人と交流しませんか?
#日韓夫婦 #日韓カップル #韓国生活 #結婚 #新婚 #韓国 #旅行 #観光 #留学 #生活 #車 #運転 #右折 #右折車 #信号 #韓国の交通ルール #クラクション #道路

  • 韓国で運転免許取得(日本の運転免許がない場合)
    日本の運転免許がない人は韓国人と同様に交通安全教育を受けた後、運転学院または運転試験場で学科試験、技能試験、走行試験を受けると免許を取得できます。
  • 韓国で運転免許取得(日本運転免許がある場合)
    日本運転免許がある人は、国際運転免許証の交付または日本の免許と韓国の免許を交換して交付してもらえる交換発給で簡単に取得できます。
  • 韓国で運転するときの注意点
    韓国での運転時、交通ルールや信号機など日韓で共通の部分もありますが、車の進行方向、信号機、ユータン方法など相違部分も結構あるので注意が必要です。
  • 軽自動車が好かれない韓国
    韓国で軽自動車を買おうとすると止められる?韓国で軽自動車が売れない理由、生産しない理由についての記事です。
  • ハイパスカード(韓国のETCカード)
    高速道路の料金支払いに使うETCカードを韓国ではハイパスカードと言います。韓国の高速道路の料金所で慌てたり緊張することがないようにハイパスカード払いについてまとめています。
  • 交通違反を自動取締機で撮られたときの確認方法
    韓国で信号無視やスピード違反をなどの交通違反を自動取締カメラで撮影されたかも!?曖昧な状況は不安ですよね?そんな時は、ネットで事実確認と罰金額の確認ができるんです。
  • 韓国でクラクションを鳴らされるケースとは?
    日本に比べてクラクションを鳴らす車が多い韓国、一体どんな状況でクラクションを鳴らすのでしょうか?
  • ムンコク(문콕)問題
    車のドアを開けたときに不注意で隣の車の車体にコンッ。それを防止するための商品とは?ムンコク逃げは罰金についての話も。
本サイトの情報のご利用時には自己責任の下で読んで下さい。保証、責任は一切持ちません。
All copyrights by MoreKorea.net | お問い合わせ : ykinteractive at gmail dot com